エンタメ

【インタビュー】映画『ジャングル・クルーズ』斉藤慎二(ジャングルポケット)「『斉藤さんだとは分からなかった』と言ってもらえることが最高の誉め言葉だと思います」

【インタビュー】映画『ジャングル・クルーズ』斉藤慎二(ジャングルポケット)「『斉藤さんだとは分からなかった』と言ってもらえることが最高の誉め言葉だと思います」 画像1

 1916年、アマゾンに伝わる不老不死の花を求め、観光客相手にクルーズ船を率いる船長フランク(ドウェイン・ジョンソン)と、リリー博士(エミリー・ブラント)、彼女の弟のマクレガー(ジャック・ホワイトホール)は、謎に包まれたジャングルの奥へと船を進めていく。ディズニーランドの人気アトラクションから誕生した実写映画『ジャングル・クルーズ』が、7月29日(木)から劇場公開され、30日(金)からディズニープラス プレミア アクセス(プレミア アクセスには追加支払いが必要)で配信される。日本版声優としてマクレガーの声を担当したジャングルポケットの斉藤慎二に話を聞いた。

マクレガーの声を担当したジャングルポケットの斉藤慎二

-今回、ディズニー作品の日本版声優に決まったときの気持ちを教えてください。

 まさか自分に声が掛かるとは思っていなかったので、びっくりしました。ただ、自分の声は、養成所の頃から先生に褒められたこともあったので、コントをやるときも、特技というと大げさですが、長所だと思っていました。それを評価してくださった方がいたことに喜びを感じました。

-映画の冒頭は、いきなりマクレガーの演説のシーンでしたが、確かに美声で驚きました。もともとは俳優志望だったとのことですが、声優は今回が初体験でしたか。実際にやってみていかがでしたか。

 アニメやナレーションのお仕事を頂いたことはありましたが、映画の吹き替えは今回が初めてでした。正直なところ、とても難しかったです。俳優の口の動きに合わせて、感情を入れながら演じなければいけないし、日本語と英語とでは、しゃべる量が全然違うのに、それも合わせなければならない…。また、一つのことを意識し過ぎてしまうと、ほかの部分がおろそかになってしまうので、バランスを考えながら、全てに納得がいくような出来にしないと、見る人に見抜かれてしまうと思いました。なので、全てにおいていろいろと注意深く考えながらやりました。

-特に気を付けた点は何かありましたか。

 あまりテンションが高くならないように、抑えながらの演技をする方が、マクレガーという役には合うのではないかと思いました。なので、普段は力み過ぎて、それが芸人の場合は、いい方向に進むこともありますが、そこを抑えながら演じることを気にしながらやりました。逆にテンションを上げたままでやってしまうと、「あー、これ斉藤さんがやっているんだ。また力が入り過ぎているなあ」と思われてもおかしくはないので、テンションの上げ下げについてはすごく意識しました。今回は、見た後で「斉藤さんだとは分からなかった」と言ってもらえることが最高の褒め言葉だと思います。とはいえ、僕が吹き替えをしているということを、分かってから見る方がほとんどだと思いますが、映画を見ながら、僕がやったことを忘れて自然に見ていただけるようなら、やったかいがあったと思います。

-マクレガー役のジャック・ホワイトホールもスタンダップコメディアンですが、その点は意識しましたか。

 それを聞いてすごく親近感が湧きました。芸人の仕事とコミカルな演技は通じるところがあると思いますし、僕も芸人の仕事をやっているので、この映画のコメディータッチな部分はすごくやりやすかったです。

-今回は、ドウェイン・ジョンソンの吹き替えを小山力也さん、エミリー・ブラントを木村佳乃さんが担当しましたが、お二人の声を聞いてみていかがでしたか。感想を教えてください。

 一緒にアフレコはしていませんが、実際に声を聴いたときは圧倒されました。僕が声を入れるときに、先にお二人の声が入っていたこともあったので、それを聴いて、「本当に役になり切っているなあ。すごいなあ。大丈夫か自分」と思いました(笑)。最初は録り直しも多かったのですが、途中から、自分もだんだんと慣れてきて、相手が投げ掛けてきたせりふに対応できていると感じられるようになりました。それで、今のテンションの方が合っているということで、最初の方を録り直したりもしました。声を聴きながら、お二人とやれているということを光栄に思わなければいけないなと感じました。

-マクレガーはフランク船長とリリー博士と並ぶ、重要なキャラクターです。アフレコの中で、2人と絡む場面で工夫した点はありましたか。

 リリーは結構慌ただしいキャラクターなので、逆にこちらはそれを冷静に見ながら、そのテンションには付き合わずに、一歩引いた演技をすることは心掛けました。対照的な感じを出すことを意識しました。そこはうまくやれたかなと思います。