エンタメ

【インタビュー】ミュージカル「HOPE」高橋惠子、「悔いのないようにやり切ろう」と出演を決めた初めてのミュージカル

【インタビュー】ミュージカル「HOPE」高橋惠子、「悔いのないようにやり切ろう」と出演を決めた初めてのミュージカル 画像1

 著名作家の遺稿の所有権をめぐって、実際にイスラエルで起こった裁判をモチーフに描いたミュージカル「HOPE」が、10月1日から上演される。日本初演となる本作で、主人公・ホープを演じるのは高橋惠子。高橋は、女優デビュー51年目にして初めてのミュージカルで主演に挑む。高橋に初ミュージカルへの思いや公演への意気込みを聞いた。

ホープ役の高橋惠子

-どのような思いから、初めてのミュージカルに挑むことを決めたのですか。

 実は「あと2年ぐらいで女優を引退しようかな」なんて思っていたんです。ですが、先日まで出演していた舞台「キネマの天地」で、ステージに立ってお芝居をしていたら、やっぱり女優業は面白いなと改めて感じました。それに、自分の中でやり切っていないのに辞めるなんてまだ早いという思いも湧いてきたんです。それで、もう1回、いろいろなことに挑戦して、悔いのないようにやり切ろうと決めた直後にこのお話を頂いたので、これはもうやるしかない、と。できるできないは置いておいて、とにかくやるぞという前向きな気持ちでお引き受けしました。タイミングがすごく良かったんです。

-「女優を引退しよう」と思われたのはなぜだったんですか。

 女優業を50年やってきましたが、「これだけで終わってしまうのももったいないな。ほかのこともやってみたいな」という思いがあったからです。じゃあ、ほかのことって何かと言われると、具体的なものはなかったのですが。それから、女優は自分には向いてないんじゃないかな、と。50年やってきて今さら向いてないというのもおかしな話ですが(笑)、そんな気持ちもあったんです。

-そんな中での舞台出演で、改めて女優業の魅力に気付き、今回の挑戦につながったんですね。出演に当たっては、どのようなお気持ちですか。

 公演まで限られた時間ですが、そこに向かって精いっぱいトレーニングをして、とにかく歌えるようになりたいと思っています。なので、まだプレッシャーを感じている暇もありません(笑)。

-脚本を読んで、本作の魅力をどこに感じましたか。

 ホープは、母親から譲り受けた原稿を手放さず、それにこだわって、それを頼りに生きたのですが、その姿に、人間にはすごい力があるんだということを感じました。肩書きもなく、財産もなく、何も持っていなくても、自分自身でいることでそこには強いエネルギーがあるものだと思います。それから、ホープが最終的に選ぶ生き方には感動しましたし、私もホープを見習わなければいけないと思うところもたくさんあります。私はイスラエルには行ったことがなく、戦争という大変な出来事も体験していないので、その辺りは今後、さらに深めていかなければいけないと思っていますが、1人の人間として共感できる部分はたくさんあると思います。

-本作では、俳優の新納慎也さんが初めて演出をするということでも注目されています。新納さんとは、すでに何か話しましたか。

 まだお会いしてないんです。共演の経験もないので、今回、役者と演出家という形で初めてご一緒させていただきます。顔合わせのときにはお会いできると思うので、お会いできるのが楽しみです。この作品は、新納さんが翻訳もされて、上演台本も書かれているのですが、それだけ思い入れがあるということだと思いますので、その期待に応えられるよう頑張らなければいけないと思っています。

-ホープとホープの母・マリーが守ってきた原稿を擬人化した「K」役で出演する永田崇人さんと小林亮太さんとも初共演になりますね。

 はい。今日(取材当日)は、ビジュアル撮影を行っていたのですが、そこで初めてお会いして、お二人ともとても魅力的な若者でしたので、共演できることがうれしいです。きっといろいろな刺激を頂けるんじゃないかと思っております。それから、(過去のホープ役の)清水くるみちゃんとは、(19年に上演された)「黒 白 珠 KOKU BYAKU JU」という舞台作品でご一緒させていただいたので、今回もまたご一緒できるのがすごくうれしいです。(マリー役の)白羽ゆりさんともご縁があって…。このコロナ禍で時間ができたので、フランス語を習いに行っていたのですが、そこで白羽さんのお姉さまと同じクラスになって、知り合ったんです。それがきっかけで、白羽さんともお会いして、「一緒に舞台に立てるといいね」というお話をしていたんですよ。こんなに早く実現できるとは思っていなかったので、すごく楽しみです。