エンタメ

【インタビュー】柚希礼音ソロコンサート「REON JACK4」コロナ禍で感じたファンの思い「会えなくてもつながっている」

【インタビュー】柚希礼音ソロコンサート「REON JACK4」コロナ禍で感じたファンの思い「会えなくてもつながっている」 画像1

 柚希礼音のソロコンサート「REON JACK4」が9月11日から開催される。本コンサートは、柚希が迫力のある歌声とともに、数多くの世界的ダンサーと共演してハイレベルなダンスパフォーマンスを披露する、コンサートの枠組みを超えた芸術的なショー。今回は、上野水香や宮尾俊太郎、アルゼンチンタンゴの名手クリスティアン・ロペス、YOSHIE、大村俊介(SHUN)という豪華メンバーが集結するほか、日替わりでスペシャルゲストも登場し、コンサートを盛り上げる。柚希にコンサートの見どころや意気込みを聞いた。

柚希礼音

 -約3年ぶりのコンサートになります。開催が決まったことへの気持ちを聞かせてください。

 コンサートは、柚希礼音の素の姿でお客さまと接することができる貴重な機会で、とても大切にしているものなので、すごく楽しみにしています。このような社会情勢でお客さまとお会いできる機会がなかなかないので、今回、お客さまに声は出していただけませんが、それでも楽しんでいただければうれしいです。コンサートは、いろいろな柚希礼音を見せていく場だと思うので、今の私をしっかり見つめてお届けできたらと思います。そして、お客さまと心のキャッチボールをして、緊張しているお客さまの心が少しでもほぐれたらいいなと思っています。

-どんなコンサートにしたいと考えていますか。

 今回は、ハイクオリティーでありながらも、ほっこりした温かい気持ちで帰っていただけるものを目指しています。「REON JACK」では、毎回、テーマを持ってコンサートを作ってきました。1のときは、宝塚を退団したことで、近かった私の存在を遠く感じるお客さまがいるかもしれないと思い、「そんなことないよ、とっても近いんだよ」と伝えたいという思いがありました。2では、ハイクオリティーなものに挑戦して、懐かしい曲を歌っているだけのコンサートではない、新しいものを作り上げることを目標にしていました。3では、そこに“ほっこり”できる要素を入れたつもりです。今回は、メリハリをつけていいものをしっかりお見せしながらも、お客さまに「久しぶりに交流ができて楽しかった」と思っていただけるものにしたいと思います。

-「REON JACK」では、柚希さんが各分野のプロのダンサーと踊る姿も非常に印象的でした。

 本当に、第一線で活躍されている方々が出てくださっています。どの場面でも、すごく高いレベルの振り付けをしてくださるので、私は毎回、「これは無理かも」と思いながら、稽古しています。私は、芸事を始めたきっかけがダンスなので、やはり踊ることによって魂が喜ぶんです。ミュージカルで踊ることはあっても、ショーという形ではなかなかお見せできないので、「REON JACK」ではしっかりとダンスをお見せしようと思っています。それから、今回は、新曲を3曲用意していますので、それも楽しみにしてほしいなと思います。

-新曲の「I miss you」では、作詞も担当していますね。どんな思いを込めて作詞したのですか。

 コロナ禍でファンの皆さんと会えない寂しさを込めました。この1年、私自身、やるべきことをやろうと進んできましたが、以前のようにみんなとご飯を食べたり、集ったりすることもできず、寂しさや孤独を感じていました。きっと皆さんにも同じような思いがあると思います。そして、ファンの皆さんが自分のことのように、私のことで喜んでくれたり、悔しがって泣いてくれたりしてくれているのを強く感じて、会えなくてもつながっていることを痛感しました。そんな思いを歌詞に書いています。

-今回は、初の試みとして、日替わりでスペシャルゲストも登場しますね。

 はい、今回は、6人の方に出演していただけることになりました。あまりお稽古の時間も取れませんが、よくある歌を歌うだけではつまらないと思うので、ゲストの方に合わせて、選曲や内容を変えていきたいと考えています。