エンタメ

【インタビュー】ドラマParavi「来世ではちゃんとします2」内田理央「私にとっての代表作になった」

【インタビュー】ドラマParavi「来世ではちゃんとします2」内田理央「私にとっての代表作になった」 画像1

 内田理央が主演するドラマParavi「来世ではちゃんとします2」(毎週水曜深夜0時40分/テレビ東京系)が放送中だ。本作は、2020年に放送され、内田が5人のセフレと関係を持つ性依存系女子を演じ、体当たりの演技と、誰しもが心のどこかにグサッとくるストーリーが話題となったドラマのシーズン2。CG制作会社「スタジオデルタ」で働く社員たちが、性をこじらせ、生き方をこじらせながらも、しぶとく生きていく姿を描く。主人公の大森桃江を演じる内田に作品への思いや撮影での裏話を聞いた。

内田理央(ヘアメーク:Midori/スタイリスト:ゴトウカナエ) (C)テレビ東京

-続編が決まったときはどんな気持ちでしたか。

 こんなに早いスパンでシーズン2ができるのは本当にありがたいことだと思いました。シーズン1を作っているときから「原作が続く限りシーズン2も作れるんじゃないか」とキャストの皆と話していたので、それがかなってうれしかったです。

-主演作の続編というのは、思い入れも深いと思いますが、主演についてはどんな思いがありますか。

 おっしゃる通り、主演というのはやはり私にとって特別です。もちろんプレッシャーもありましたが、それ以上に楽しくできた作品でしたので、今後もすごく大切にしたい作品になりました。

-これまでとは違う役柄を演じたことで、反響も大きかったのでは?

 そうですね。シーズン1を作っているときは、女性が共感できる作品にしたいと思って制作していましたが、視聴者の皆さんにどう伝わるのかという不安もありました。ですが、Paraviでは視聴者のほとんどが女性で、20~30代の方がたくさん見てくださっていると聞いて、スタッフやキャストの皆さんと頑張ってきたことが伝わったんだとうれしく思いました。シーズン1が他の配信サービスでも配信されるようになってからは、コロナ禍でおうち時間が増えたこともあって、見てくださる方もより増えて、Netflixでは日本での視聴数のランキングで3位になったんです。私の大好きなアニメの「呪術廻戦」と「進撃の巨人」に挟まれて(ランクインして)いたのがうれしくて、スクショ撮りました(笑)。

-この作品が女性から愛された魅力はどこにあると思いますか。

 主人公の桃ちゃん(大森桃江)はセフレが5人いるという、一見、過激に見える女の子ですが、桃ちゃんと同じ恋愛観じゃない方も切なさや心の痛みは共感していただけるところがあると思います。そこがこの作品の魅力なのかなと思います。

-内田さん自身は、桃江のどんなところに共感できますか。

 桃ちゃんは幸せになりたいという思いを強く持っている人なのに、相手が欲しいものを与えるばかりで自分の幸せは後回しになっているというところは共感できるポイントだと思います。私自身は、人に与えるばかりというタイプではありませんが、相手の幸せばかりを考えてしまって、自分を大事にできないときというのは誰にでもあると思うので、桃ちゃんの気持ちも理解しやすいと思います。

-シーズン2では、内田さんから見て桃江はどんなところが成長していると思いますか。

 成長していると言いたいのですが、「来世ではちゃんとしよう」と思っている女の子なので、現世ではあまり成長していないのかなと思ってます(笑)。駄目なところは駄目なまま、こじらせたところはこじらせたままだと思いますが、シーズン1よりも恋愛はしているので、そこは変化かもしれません。今回はEくんと同居することになったり、松田くん(小関裕太)とのドキドキキュンキュンなシーンも増えています。

-桃江を演じる上で、どんなことを意識しましたか。

 女性が見ても嫌悪感を抱かないようにというのはすごく気をつけていました。エロいシチュエーションやエロいせりふを、いかにポップに演じるかというのは課題だったと思います。例えば、原作では「あ~ん」と書かれているあえぎも、それをそのまま演じてしまうと生々しくなってしまうので、「あ~れ~」とコメディーチックに、ポップになるように監督やプロデューサーさんと相談しながら作っていきました。“ほっこりエロラブコメディー”を目指していたんです。「ちびまる子ちゃん」を憧れの作品として、そんな作品を目指したいというのは心の片隅において演じました(笑)。(演じるのは)すごく難しかったですが、だんだんと「来世ちゃん」の雰囲気もつかんできたので、私にとっての代表作になったのかなと思います。