エンタメ

【インタビュー】WOWOW「斎藤工×板谷由夏 映画工房」斎藤工「映像の現場を主戦場としている人間がどう見るかが切り口」板谷由夏「リビングで映画を見ているような雰囲気」10周年を迎えた映画情報番組の舞台裏

【インタビュー】WOWOW「斎藤工×板谷由夏 映画工房」斎藤工「映像の現場を主戦場としている人間がどう見るかが切り口」板谷由夏「リビングで映画を見ているような雰囲気」10周年を迎えた映画情報番組の舞台裏 画像1

-板谷さんはいかがですか。

板谷 私はそこまで分析できていませんけど、この10年で目が肥えるというか、心がこもっていないお芝居は、すぐに分かるようになりました。だから、自分がお芝居するときは、それだけは避けたいな、と。しかも、「映画工房」で映画を見ていなかったら知り得なかった役者さんやその芝居の幅というものは、確実に私の貯金になっているので、ふとしたときにそういうものがポロっと出てくるといいな、と思ってます。

-10年間やってきた中で、最も印象に残っていることは?

斎藤 『映画の妖精 フィルとムー』というクレイアニメを製作したことです。これは、「映画を見られる環境にない子どもたちに届けたい」という僕の主旨を理解した上で、クラウドファンディングを成立させるなど、WOWOWさんが協力してくださって完成した作品です。でも、その権利はWOWOWさんのものではなく、フリー素材になっているので、今でもアフリカなど世界のさまざまな国で見られていて、お礼状が僕らに届く。そんなふうに入り口から出口までサポートしてくれたWOWOWさんの体制には本当に感動しましたし、これからもいろんなところに羽ばたいていってほしいと思っています。

板谷 工くんのこの10年を見ていると、ゼロベースから何かを生み出そうとする姿勢がものすごく変わってきているのが分かるんです。それを近くで見ていられたのは、私にとっても楽しいことで、いろんな影響も受けました。その一つが『フィルとムー』という作品で、「映画工房」という番組が、映画を紹介するだけでなく、次のステージに進んだ感じがあったんです。私もすごく感動しましたし。「できたらいいね」というのは簡単だけど、それをちゃんと形にしていくのが斎藤工の面白さであり、すごさだなと。だから、そういうネクストをまたできたらいいですよね。もしかしたら、10年先になるのかもしれませんけど(笑)。

(取材・文・写真/井上健一)

 「斎藤工×板谷由夏 映画工房」毎週金曜日 夜9時30分~[無料放送]【WOWOWプライム】 /【無料トライアル実施中】【WOWOWオンデマンド】10周年回(♯509)10月1日(金)夜9時30分~放送・配信
https://www.wowow.co.jp/koubou/