エンタメ

【インタビュー】ドラマ特区「美しい彼」萩原利久&八木勇征が描き出す“初恋”「近いのに一番遠い存在」

【インタビュー】ドラマ特区「美しい彼」萩原利久&八木勇征が描き出す“初恋”「近いのに一番遠い存在」 画像1

 BLアワード2015で第1位を獲得した、凪良ゆうの小説を原作としたドラマ「美しい彼」がドラマ特区で11月18日から放送される。本作は、思うように言葉を発せられない「吃音症(きつおんしょう)」を持つ高校3年生の平良一成と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏の初恋を丹念に描いた青春ドラマ。平良を演じる萩原利久と、清居役の八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)に、互いの印象や撮影の裏話を聞いた。

八木勇征(左)、萩原利久 (C)エンタメOVO

-ドラマ化が発表された際には、SNSでも大きな話題を呼んだ本作ですが、出演が決まったときの気持ちを教えてください。

八木 まず、連続ドラマの主演を務めさせていただくことが初めてなので、何よりもそのことがうれしかったです。それから、やはり原作の熱狂的なファンの方もたくさんいらっしゃる作品だと思うので、その方々にも本当に楽しんでもらえるような作品づくりをしたいという気持ちがありました。

萩原 僕も勇征くんと一緒で、やっぱりまずは原作のファンの方に受け入れられるような作品にしたいと思いました。BL(ボーイズラブ)というテーマは、僕は初めてなので、チャレンジでもありましたが、原作も脚本も魅力的な作品なので、僕たちがそれを漏らすことなく表現できたらと思っています。

-どんなところを意識して、それぞれの役を演じていますか。

萩原 僕は、あえてあまり作り込み過ぎず、現場で演じてみて自分が自然だと感じる演技をするようにしています。平良にとっての清居は、同じ学校という空間にいながらも手の届かない存在です。近いのに一番遠い存在というところさえブレないようにしていれば、それ以外の部分では遊びがあったり、その瞬間に偶然起きたことを拾う方が映像として面白いと思いました。なので、そこは意識していました。

八木 僕は、まず、清居奏というキャラクターの生い立ちやそれまでの細かい設定を作り込んでいきました。清居は、「キング」と呼ばれていますが、本当は普通の男の子です。小さい頃から母親が仕事で帰ってくるのが遅くて、1人で家にいることが多かったから、寂しがり屋で、テレビの中のキラキラした世界に入りたいと思っている。僕自身もシングルマザーだったので共通点を感じましたし、彼の気持ちはよく分かりました。なので、撮影では、普通の男の子であるということを軸にして演じていました。それから、平良に対しての目線は、他の人に向ける目線とは変化をつけることは意識しました。

-お二人は本作が初共演となりますが、互いの印象を教えてください。

八木 最初は、すごく生真面目な人なのかなと思ったのですが、中身はただの少年でした。半パン小僧というイメージです(笑)。

萩原 それは否定はしません(笑)。よく言われます。根っこが明るいんですよ。

八木 でも、スタッフさんたちに対してもすごく丁寧で、しかも現場を明るくしてくれるので、すごく頼もしかったです。

萩原 そうは言っていますが、八木くんもすごく明るいですよ。初対面のときに、こんなに気持ちいいあいさつはないなというぐらい、すごく丁寧にあいさつしてもらいました。そう考えると、最初の印象って大事ですね。僕が、生真面目って言われるのは、多分、「初めまして」のテンションだと思います(苦笑)。八木くんは、最初からはっきりした声であいさつしてくれたのですが、その時の第一印象から逸脱することはなかったです。いい印象のまま、今日に至ってます。丁寧で、気遣いもできる人です。