エンタメ

【インタビュー】「ACTORS☆LEAGUE 2021」黒羽麻璃央「野球がしたいね」から始まったビッグプロジェクト「『夢はかなう』ということを実感できた」

【インタビュー】「ACTORS☆LEAGUE 2021」黒羽麻璃央「野球がしたいね」から始まったビッグプロジェクト「『夢はかなう』ということを実感できた」 画像1

 2021年7月20日に東京ドームで開催された、野球×エンターテインメント「ACTORS☆LEAGUE 2021」で使用されたテーマソングなどを含めたCDが12月15日に発売される。このイベントを企画した俳優の黒羽麻璃央に、イベントへの思いや今回発売されるCDに収録された楽曲についてなどを聞いた。

 

黒羽麻璃央

-7月に開催された「ACTORS☆LEAGUE」は、総勢37人の俳優が集結し、野球の試合に加え、さまざまなパフォーマンスを織り交ぜたエンターテインメントショーを行い、観客1万5000人を集めて大いに盛り上がりました。これはどういった思いから企画したのですか。

 純粋に「野球がしたいね」と仲間たちと話していたところからスタートしました。皆舞台俳優として忙しく仕事をしているので、プライベートで集まれる時間をなかなか設けることができず…、それなら「仕事にしてしまえ!」と(笑)。そうすれば、皆のスケジュールを仕事として正式に押さえることができるので、集まれると思ったんです。最初は、地方の球場ぐらいの大きさで、もっと小規模なイベントをイメージしていたのですが、たくさんの方々のご協力のおかげで、こうして東京ドームで開催できました。実は、僕自身も東京ドームでできるとは思っていなかったのでびっくりしています(笑)。野球が好きで野球をプレーしてきた人にとっては「東京ドームで野球をする」という夢のような企画を実現できました。

-野球好きな役者さんがこんなにもたくさんいることも意外でした。

 よく言われますが、野球が好きだけどなかなかできないという人ばかりだと僕は知っていたので、こういう企画があればきっと集まってくれるだろうと考えていました。実際に、参加してくれた役者たちから、たくさんのお礼を言ってもらったので、僕としてはそれだけで感無量で…。「おかげで夢がかなった」とか「最高の1日になった」と同年代の人たちに言ってもらえたのが、同じ役者として生きる人間としてはうれしかったです。

-野球の魅力とは?

 野球だけでなくスポーツの醍醐味(だいごみ)は、一つのものに向かって皆で必死になれるところだと思います。野球であれば、一球の行く末を追い掛けて、観客も含めて夢中になれる。演劇にも通じるものだと思いますが、一生懸命に向き合って、そこから熱いものが生まれるというのが魅力だと思います。

-そうしたイベントを経て、今回はCD発売になります。

 今回のイベントは、 “野球×エンターテインメント”をテーマにしていたので、野球を知らない方にも楽しんでいただけるように、さまざまなパフォーマンスも行なっていました。その中で、城田優さんにテーマソングを作っていただき、イベントのラストでは参加者全員で歌ったり、僕たちのチームソングも作ってイベントを盛り上げようと思っていました。そういった思いから生まれた楽曲をより多くの方にも聞いてもらいたいと考え、今回はそれらの楽曲をCDで発売するということになりました。

-城田さんが作詞・作曲をした「L・A・S・T」はどんな楽曲ですか。

 すごくおしゃれな楽曲です。今の世の中にあった前向きな歌詞にも、城田さんの思いや優しさが感じられます。イベントでも、全員で歌った楽曲です。

-黒羽さんが率いる「BLACK WINGS」のチームソング「B.W. Anthem」、和田琢磨さんが率いる「DIAMOND BEARS」のチームソング「D.B. Go For It」はいかがですか。

 「B.W. Anthem」は強さや疾走感が感じられるナンバーです。「D.B. Go For It」は、琢磨くんの朗らかな、優しい人柄が感じられるナンバーで、それぞれのチームカラーが感じられるのではないかと思います。

-今回の「ACTORS☆LEAGUE 2021」を通して、黒羽さん自身の成長につながったところはありましたか。

 これまでは物事をプロデュースする側にはあまり立ったことがなかったので、たくさんの方が大変な思いをして、努力を重ねた末に、エンターテインメントが作られていることに改めて気付きました。ものを作る上では、俳優のように表舞台に立つだけでなく、どのようにしてその企画が実現されたのかを知ることも大切だと思いました。それから、「夢はかなう」ということも実感できました。僕は言霊(ことだま)を信じているので、夢や目標を口に出していたら誰かがキャッチして、その夢の実現に力を貸してくれるんだと改めて感じました。