エンタメ

【インタビュー】「怖い絵本 シーズン4」板垣李光人「ジワジワと後に残る怖さが感じられます」

【インタビュー】「怖い絵本 シーズン4」板垣李光人「ジワジワと後に残る怖さが感じられます」 画像1

-ところで、2021年は板垣さんにとってどんな1年でしたか。

 主演ドラマだったり、2回目の大河ドラマだったり、いろいろな仕事をさせていただきました。役柄としても幅広い役を演じさせていただいて、役者としても、表現者としてもさまざまな経験をさせていただき、成長できた1年だったと感じています。

-どんなところが成長したと感じていますか。

 「ここは今から倫理です。」というドラマでは、愛着障害を持つ役を演じさせていただきました。その役を演じたことで、SNSなどを通して、作品とそうした特性を抱える人たちをつなぐことができる立場なんだということを感じました。この作品、この役を通して、役者としての自覚が芽生え、芝居に対しての思いがより強くなったと思います。

-2022年はどんな年にしたいですか。

 来年は20歳になります。10代からその先へと続く大きな節目だと思うので、改めて一つ一つ、自分の表現を自分らしく、やっていきたいと思います。それから、お酒にも興味はあるので、ぜひ詳しい方に連れていってもらいたいと思います(笑)。

-放送を楽しみにしている人たちにメッセージを。

 この番組は、恐怖の実態が見えないところが怖いところだと思います。恐怖の残り香だけがそこにあって、ジワジワと後に残る怖さが感じられます。ドラマパートと絵本の朗読パートでは、シチュエーションも時代も違うのに、リンクしていくところも面白いので、放送を楽しみにしていただけたらと思います。

(取材・文/嶋田真己)

「怖い絵本 シーズン4」「えほん遠野物語かっぱ」 (C)NHK

 「怖い絵本 シーズン4」は、1月7日22時30分からNHK Eテレで放送。