エンタメ

【インタビュー】ドラマ「おいハンサム!!」高杉真宙「筋が通っていて義理堅い人が、令和時代のハンサム像だと思います」

【インタビュー】ドラマ「おいハンサム!!」高杉真宙「筋が通っていて義理堅い人が、令和時代のハンサム像だと思います」 画像1

 吉田鋼太郎が主演する連続ドラマ「おいハンサム!!」(フジテレビ・東海テレビ系)が放送中だ。本作は、東海テレビが日本映画放送と初タッグを組んで共同制作した、恋×家族×ゴハンをテーマにした令和のホームコメディー。令和によみがえった昭和なおやじ・伊藤源太郎を吉田が演じるほか、性格は全く違うが、それぞれが幸せをつかもうとする伊藤家の三姉妹を木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈が演じ、そんな家族をのんびり支える母親をMEGUMIが演じる。今回は、武田が扮(ふん)する伊藤家の三女・美香の前に現れたエリートサラリーマン・大倉学を演じる高杉真宙に話を聞いた。

大倉学を演じる高杉真宙(【スタイリスト】荒木 大輔/【ヘアメイク】堤紗也香) (C)エンタメOVO

-演じているキャラクター・大倉学の印象を教えてください。

 学さんは、自分に正直な方で、さわやかでほほ笑みの多いキャラクターです。おモテになりそうな感じが出ればいいなと思いながら演じさせていただいています。監督が台本も書かれていて、学さんは「第一志望の大学には落ちています」というような細かい設定も教えてくださるので、学さんはこういう人なのかなと、一つ一つを細かく見ていただけたらうれしいです。

-どんなことを意識して演じていますか。

 僕が勝手にやっているのは、いつもほほ笑んでいて、あまり目をぱきっと開けないことです。それは、まだ監督から何も言われていないので、そのまま続けようと思っています(笑)。

-武田玲奈さんと共演した感想は?

 僕は武田さんよりも年が一つ下なので、今回の役はちょっと年が(上に)離れている方がいいなと思って、頑張って大人ぶっているのですが、全然、武田さんの方が大人で、落ち着いていらっしゃる印象です。武田さんはすごくフラットな方で、役の中にそのフラットさがストレートに入っている感じがしています。

-高杉さんから見て、美香という女性はどんな印象ですか。

 すごくすてきな方だなと思います。元彼のユウジに対して、ちょっとふらふらしがちで心配になるところはありますが、お互いに思っていることを真っすぐに言い合えるような関係性になれれば、そんなに心配はないのかなと思います。美香さんは、そういう関係性になれそうなところがいいなと思います。

-高杉さんは三兄弟の長男だそうですが、劇中に登場する三姉妹に親近感を感じたり、自分の家族に共通する部分は感じていますか。

 うちは男兄弟で、本当に好き勝手にやっているので、助け合い精神はあまりないですね(笑)。もちろん、お互いに応援し合っているとは思うのですが、劇中の三姉妹の関係性とは、少し違うのかなと思います。

-タイトルにある「ハンサム」という言葉は、一昔前のイメージがありますが、高杉さんが考える「令和時代のハンサム像」はどんな人ですか。

 ハンサムという言葉が「カッコいい」を意味するのであれば、僕の中の印象では、筋が通っていて義理堅い人がカッコいいなと思います。「カッコいい」という言葉は男女共通だと思いますし、今も昔も、あまり変わらないと思います。

-お話を伺っていると、高杉さんはすでに「令和のハンサム」だと思いますが、周りでハンサムだなと思う役者さんはいますか。

 皆さん、カッコよくてハンサムな人が多いです。ご一緒する方たちは、仕事にストイックな方が多いですし、一本筋の通ったものがある方たちなので、僕が出会う職業の方に限らず、スタッフさんも含め、楽しそうに仕事をされている姿を見ると、ハンサムだなと思います。