エンタメ

【インタビュー】映画『牛首村』清水崇監督×大谷凜香「ロケ中に、空気が張り詰める瞬間を何回か感じました」

【インタビュー】映画『牛首村』清水崇監督×大谷凜香「ロケ中に、空気が張り詰める瞬間を何回か感じました」 画像1

 ホラー界の巨匠・清水崇が放つ“恐怖の村”シリーズ。その『犬鳴村』『樹海村』に続く第3弾『牛首村』が、全国公開中。今回は、北陸最恐の心霊スポットとして名高い「坪野鉱泉」を主な舞台に、「牛の首」の伝説やあることにまつわる因習が絡む。清水監督と、シリーズ3作にアキナ役で登場する大谷凜香による、映画とは真逆の和やかなトークを公開する。

清水崇監督(左)と大谷凜香

-大谷さんは、シリーズ全作に出演していますが、3作とも出演の仕方が強烈です。

大谷 年に1回の早いペースで作られているので、監督の中では次の案も進んでいると思いながら、次はどんな出演の仕方だろうかと。

清水 アッキーナに限らず死に方はほぼ僕が決めているかもしれない。例えば、『犬鳴村』だと、周りが見渡せる高所などなさそうな所で電話が掛かってきて、話している相手が目の前に落ちてくる…で、後から鉄塔が映るというアイデアを、脚本家に伝えた。だんだんと電話の声と実際の声が近づいてきて、しかも目が合いたいと(笑)。

大谷 そうなんですよ。落ちるときって、風とか強いし怖いし、目をつぶりがちなんですけど、頑張って目を開けていました。

清水 『樹海村』のときは、彼女が主役のオーディションに応募してきた。

大谷 そうなんです。

清水 そのときはまだ主役も決まっておらず、言っていなかったんで、プロデューサーに「大谷さんは、俺の中では決まっている。同じアッキーナの役があるから」と慌てて伝えました。

大谷 『犬鳴村』のときに真っ先に死んでいるから、「次回作があっても凜香は出ないよな」って皆から言われていたので。

-そうですよね。同じく3作ともに出演している遼太郎くん(笹本旭)は死んでないから分かるけど、アッキーナは毎回死んでいる。設定では別人?

清水 多分。「パラレルワールドなの」ってたまに聞かれるので、『樹海村』の舞台あいさつで、「3作目で謎が解けます」と僕が適当なことを言った。

大谷 おっしゃっていました。

清水 言ったんですけど、たぶん解けない。マルチユニバースって知ってます? 『スパイダーマン』の新作を見て、あっ説明するならこれだ…と。ドクター・ストレンジを連れてこようかと(笑)。

-大谷さんから見た清水作品の魅力は?

大谷 ジャパニーズ・ホラーをけん引されている存在で、小さい頃から『呪怨』は普通に知っていました。音が印象的過ぎて、目をつぶっていても思い出してしまう。だから小さい頃はお風呂のシャワーの音が嫌いで、無意識に恐怖心が浮かんでくるんです。

清水 僕は“お土産”と呼んでいるんですけど、ホラー映画を見た後に、家でシャワー浴びたりトイレに立ったり、一人になったときに思い出す、その頻度が多いものほど効果があるのかなと。自分が『E.T.』(82)で生涯の影響を受けたように、なるべくなら見てくれた方の生活や人生に爪痕を残したい。例えば…日本人の大半が泣ける=感動と思ってしまっていて、力技の押しつけがましい“お涙頂戴”でまんまと泣く…よかったあって。でも、そういった割に少し後には何で泣いたか覚えていなかったりする。“お土産”で引っ張りたいんですよね。その人の一生ずっと思い出させるくらいまで。

大谷 怨念ですか(笑)。

清水 でも、思春期や青春期に見たなら、ホラーじゃなくても、あるんですよね。僕もそうですし、どんなに優秀な映画がその後にできても、思春期や青春期に見たものが一番残っている。アクション映画でも恋愛映画でも。僕はずっと『E.T.』の感動は忘れないです。じゃぁ、何でホラー撮っているんだと(笑)。

-坪野鉱泉でのロケはいかがでしたか?

大谷 基本的に撮影が夜だったので、心霊スポットといわれる場所なのに景色がやたらきれいでした。山の中腹にあって、みんなで夕焼けを見たじゃないですか。ムチャクチャきれいでしたよね。街並みの先に海が続いていて、その奥に沈んでいく夕焼け。

清水 全部が融合していて。夕焼けとか花火を見ていつも思うんですけど、全く言葉を交わさないのに、今ここにいる人の気持ちが全部一緒になっている瞬間があると。そっちの方が感動しますね。誰かが死んだとか、うそくさいストーリーよりも(笑)。だから心霊スポットなのに、あの瞬間はすごかった。

大谷 不思議な感覚でしたね。