エンタメ

花總まり、神田沙也加さんの思いを受け継ぎ「銀河鉄道999 THE MUSICAL」でメーテル役 「彼女の思いが消えてしまうのがつらかった」【インタビュー】

花總まり、神田沙也加さんの思いを受け継ぎ「銀河鉄道999 THE MUSICAL」でメーテル役 「彼女の思いが消えてしまうのがつらかった」【インタビュー】 画像1

 中川晃教が主演する舞台「銀河鉄道999 THE MUSICAL」が、4月8日に開幕した。松本零士の不朽の名作をミュージカル化した本作は、劇場版『銀河鉄道 999』(79)を原作に、作品のテーマである「限りある命(人間)・永遠の命(機械の体)」について描く。主人公の星野鉄郎役を中川が演じるほか、昨年12月に急逝した神田沙也加さんが演じる予定だったヒロイン・メーテル役を、花總まりが演じる。生前の神田さんと交流があった花總に、神田さんの代役として本作への出演を決めた思いや、作品の魅力、メーテルを演じる上で気を付けていることなどを聞いた。

花總まり (C)松本零士・東映アニメーション (C)『銀河鉄道999 THE MUSICAL』実行委員会

-今回のメーテル役は、急きょのオファーだったと思います。改めて、出演を決めた思いを聞かせてください。

 お話を頂いたときは、本当に突然のことだったので、すごく驚きましたし、一言では表すことができない複雑な思いでいっぱいでした。ここ1、2年は、コロナ禍で舞台が中止になってしまうつらさを私自身も経験してきましたし、一公演に関わっているスタッフの方を含めた大勢の方が仕事がなくなってしまったり、やりたくてもやれないつらさというのを経験してきたので、一つには公演がもしできなかったときに、きっとすごく大変だろうなということを考えました。そして、神田さんが、本当はすごくメーテル役を楽しみにしていたことも想像できていましたし、きっとやりたかっただろうなと…。もし公演がなくなってしまったら、彼女の思いというのも、そこで消えてなくなってしまいそうな気がして、私はそれがとてもつらかったので、その思いを考えてお引き受けすることに至りました。

-脚本を読んだときは、どのような印象を持ちましたか。

 『銀河鉄道999』は、子どもの頃からよく見て知っている作品ではあるのですが、原作でもいろいろなエピソードがあるので、脚本の中には、まだまだ知らないエピソードがあったり、今回ならではのエピソードが組み込まれていたりと、懐かしい部分と新たに受ける新鮮な部分があって面白いなと思いました。

-現在、稽古中ということですが、メーテルを演じる上で、どんなことを意識していますか。

 私の中にもメーテル像がありますが、『銀河鉄道999』ファンの方の中にもメーテル像がおありだと思うので、自分のイメージも、原作ファンの方々のイメージも崩したくないというのが最初にあって。でも、イメージばかりを追うと中身が伴わなくなるので、イメージを崩さずに、リアルに舞台に立つメーテルの中身を詰めていきたいなと思いながら、お稽古に励んでいます。

-中川さんが演じる鉄郎に対しては、どのような印象を持っていますか。鉄郎の魅力を教えてください。

 中川さんは、今までも何度も鉄郎という役を演じられてきているので、鉄郎が持っている根本的なものを理解し、鉄郎像を作り上げられているなという感覚はお稽古場で感じます。中川さんは、感情の微妙な揺れ動きをすごく大切にされていて、繊細にお芝居を作っていく方なので、鉄郎の心のひだが繊細に浮き上がってきている感じがして、彼らしい鉄郎像になっていると思います。

-稽古場の雰囲気はいかがでしょうか。

 マスク越しですが、皆さんとても仲良しで、雰囲気はとてもいいです。コロナ禍ということもあって、出演者全員が集まってのお稽古を最近やっと始められたので、今はパーツがハマって全体が見えてきている段階です。これから全体像が見えていくのが楽しみです。

-共演者の梅田彩佳さんや佐藤流司さんの印象は?

 お二人ともとても面白い方です。梅田さんは「私は人見知りなんです」と言うのですが、たくさんしゃべってくれますし、佐藤さんもボソボソッと話されるのですが、実はすごく面白いことを言っていたりするので、すごく楽しいです。