エンタメ

【インタビュー】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』日本版声優・松下奈緒「演じているうちに、自分の中で納得できるようになってきたあたりで収録が終わってしまうので、毎回発見と反省の繰り返しです」

【インタビュー】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』日本版声優・松下奈緒「演じているうちに、自分の中で納得できるようになってきたあたりで収録が終わってしまうので、毎回発見と反省の繰り返しです」 画像1

 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』での激戦の後を描いたマーベル・スタジオ劇場公開最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が5月4日(水・祝)から公開される。本作は、元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が、禁断の魔術によって”マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールドの扉を開けてしまったことから生じる人類の危機を描く。前作『ドクター・ストレンジ』に引き続きレイチェル・マクアダムス演じるストレンジの元恋人・クリスティーンの日本版声優を務めた松下奈緒に、5年ぶりとなる吹き替えについて、難しさや意気込みを聞いた。

松下奈緒

-収録前に準備したことはありますか。

 『ドクター・ストレンジ』の吹き替え版をひたすら見返していました。5年たっていたので、あの当時、私はどうやってクリスティーンを演じていたのかをおさらいしておきたかったので。

-初声優を務めた5年前と比べて、成長を感じた部分などはありましたか。

 今回は2度目なので、少し余裕をもって演じられるかな? と思っていましたが、やっぱり難しさは変わらず、声だけでキャラクターを演じることの難しさを今回も痛感しました。演じているうちに、自分の中で納得できるようになってきたあたりで収録が終わってしまうので、毎回発見と反省の繰り返しです。

-監督やスタッフとの印象的なやり取りなどはありましたか。

 声優さんのお仕事は、声を作らなきゃいけないってずっと思っていましたが、クリスティーンに関しては収録が始まるときに、「松下さんのそのままのトーンでせりふを言ってください」っておっしゃっていただきました。クリスティーンは、ナチュラルでいたいキャラクターというか、自然で女性から見てもすてきでかわいらしい女性だと思えるようなキャラクター設定でいきたいということだったので、無理に声を変えたりはせず、自分自身の声を生かして演じられたというのが、自分の中では味方してくれたなって思いました。

-映画の中で好きなシーンはありますか。

 ドクター・ストレンジとクリスティーンの2人のシーンです。この2人は今作ではこういう形で描かれるんだって、一つのピリオドを感じて感動しました。今後どうなっていくのかは分かりませんが、ちゃんと最後まで見届けられたという安心感を抱き、とても印象にも残っているシーンです。

-前作でも2人の今後の関係は気になる部分の一つだったのですが、それが本作で見られるんですね。

 現段階でのピリオドとして納得のいく、すごく美しくて泣けるシーンでした。

-1作目と本作のドクター・ストレンジを比べると大分変わりましたか。

 医者だったときのストレンジとは全く人格が違って、「あのときの子どものような部分はどこに行ったんだろう」と思うぐらいヒーローに生まれ変わっていたので、『ドクター・ストレンジ』を見てから本作を見ていただけるとより面白さが倍増すると思います。