カルチャー

南三陸食材の特別メニューを彦摩呂さんが食レポ 「東北復興支援 Remember HOPE スペシャルコース」

 日本アムウェイ財団は12月5日、「Remember HOPE 東北復興支援プロジェクト」の取り組みとして、東京スカイツリー・ソラマチ31Fのレストラン「鉄板焼 摩天楼」(東京・墨田区押上)で南三陸町の食材を使用した料理のお披露目&試食セレモニーを開催した。
 グルメリポーター彦摩呂さん自らプロデュースしている「鉄板焼 摩天楼」が、南三陸町の新鮮な海鮮食材を使用した「東北復興支援 Remember HOPE スペシャルコース」を期間限定で提供。売り上げの一部が東北復興支援に充てられる。
 セレモニーに駆け付けた彦摩呂さんが食レポを披露。「アワビのイルミネーションや~」、「ウニのストップ・ザ・温暖化!」など彦摩呂さんならではのフレーズで美味しさを表現した。
 「東北復興支援 Remember HOPE スペシャルコース」は、タコを使ったグリーンサラダから、リンゴのコンポートとマスカルポーネクリームのパフェ仕立てまで、すべて南三陸町の食材を使った7品。イチオシはアワビのステーキにイクラなどを盛り込んだ「南三陸町の蝦夷鮑(エゾアワビ)ステーキ“南三陸町の食材を詰めた宝石箱仕立て”」。事前予約制で1日限定20食、9,800円(税抜)。来年1月末まで提供される。 【PR】

「鉄板焼 摩天楼」
http://www.matenro.info/