カルチャー

エア・カナダ「成田-モントリオール線」就航 成田空港で初めての直行便

 エア・カナダは6月2日、成田とカナダ・ケベック州モントリオールを結ぶ直行便の運航を開始した。夏の旅行シーズンは毎日、冬期は週3便を通年で運航する。
 この日、モントリオールから成田空港に到着したAC005便は、放水による“虹のアーチ”で歓迎されたほか、成田発AC006便の搭乗ゲート前で就航記念セレモニーが行われた。
 セレモニーでは、初便で到着したモントリオール市のヴァレリー・プランテ市長が「今回の直行便で日本との絆がますます強くなればいい」と期待感を示した。また、エア・カナダ ネットワークプランニング担当副社長のマーク・ガラード氏は「観光や留学、ビジネスにおいて両国の友好関係がさらに発展すると確信している」と抱負を語った。
 エア・カナダの成田発着便は、これまでにバンクーバー線、カルガリー経由トロント線を運航中。第4番目の就航都市としてモントリオール線を開設することで、成田空港にとっても初めての直行便になる。

エア・カナダ
https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html