カルチャー

銭湯が美術館になる時 あのケロリン桶がアートに

main 富山県民は銭湯好き。人口当たりの銭湯の数や、入浴時間の長さが全国トップクラスなのだそうだ。

 そこで、富山県の北日本新聞が、銭湯で芸術の秋を楽しむためのアート作品展、『ケロリンミュージアム』を10月27、28日の2日間、 東京・北千住の銭湯・タカラ湯で開催する。富山県発祥の「ケロリン桶」をモチーフにしたアートだ。

 ケロリン桶って?という人に導入編。富山県にある内外薬品(現:富山めぐみ製薬)の解熱鎮痛剤、「ケロリン」の広告が印字された、黄色いプラスチック製の湯桶のことだ。銭湯や民宿のお風呂などで見かけた人が多いはず。

 今回のケロリンミュージアムでは、このケロリン桶と、銭湯と富山を愛した前衛芸術家“リチャード・ケロリーン”の作品を多数展示。2024個のケロリン桶を使用した代表作「ケロリンピラミッド」をはじめ、初期から晩年までの名作が多数。ケロリンミュージアム限定グッズも販売されるし、幻の「ホワイトケロリン」も展示される。ん?リチャード・ケロリーンって誰?という人のために、特設サイト&コンセプトムービーも公開されている。入場無料だが、イベント当日の入浴はできないのでご注意を。