カルチャー

若手デザイナーがグランフロント大阪に集結!「OSAKA DESIGN FUTURE」を開催

大阪駅北ヤードの再開発によって誕生した商業施設グランフロント大阪がまちびらき5周年を迎え、世界各国で行われている”DESIGN WEEK”とコラボした「OSAKA DESIGN FUTURE」を10月11日(木)から開催。
これからのデザイン界を担う若手デザイナー、クリエイターに焦点を当てて様々なデザイン、アートの展示販売や世界を対象としたデザインコンペの優秀作品をパネルで展示するなど盛りだくさんのイベントが行われている。

イタリア・ミラノのデザインサイト「designboom(デザインブーム)」と連携し、クリスマスをテーマにした国際デザインコンペを実施し、優秀作品をパネルで展示。

グランフロント北館イベントスペースには「Students Furniture Exhibition」として学生によるファーニチャー展も開催されている。
また、北館吹き抜けのナレッジプラザでは、これからのデザイン界を担う若手デザイナー・クリエイターに焦点を当てて様々なデザイン、アートの展示販売も行われている。

松山茂雄(まつやま・しげお)TMO事務局長は、「この1年間を通じでアートというノンバーバルな共通言語を使って来場者に感謝の気持ちを表していきたい。”OSAKA DESIGN FUTURE”は、将来に向かって大阪から若手アーティストの将来が輝けるようにバックアップしていきたいという気持ちを込めています」と意気込みを伝えた。
観覧無料 10月31日(水)まで