カルチャー

TKO“ラグジュアリー”語る フィリップス「 S9000 プレステージ」発表会

 フィリップス・ジャパンは10月15日、電動シェーバーの最上位機種「S9000プレステージ」の製品発表会を東京都内で開催。新製品のイメージ“ラグジュアリー”をテーマに行われたトークセッションにTKOが登場した。
 以前から9000シリーズを使っているという木本武宏(きもと・たけひろ)さんは、「S9000は、今まで以上に軽やかに深剃りができる」と絶賛。一方、木下隆行(きのした・たかゆき)さんは、「大勢の芸人が待機する楽屋で使っても、音が静かで邪魔にならない」と実際に使用した感想を語った。
 「S9000プレステージ」は、ナノ粒子技術による内刃と外刃の「ナノプレシジョン刃」と、細かいメタルビーズがシェーバーと肌との摩擦を低減する「スキンコンフォートリングプラス」で、「フィリップス史上最高の深剃り」と「肌へのやさしさ」を両立させている。

フィリップス「 S9000 プレステージ」
https://www.philips.co.jp/c-m-pe/face-shavers/s9000-prestige