カルチャー

杉山愛さん、ロースかつ調理に挑戦 とんかつ新宿さぼてん、新商品サボレッド発表

 グリーンハウスフーズは11月30日、同社が運営するとんかつ新宿さぼてんの新商品「サボレッド(SaboRED)」の発表会を東京都内で開催。元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんがロースかつ調理に挑戦した
 2年半の歳月をかけて開発されたというサボレッドは、生ハムに使われる希少なスペイン産のデュロック豚を使用している。赤身とサシが美しく入った肉質で、脂の融点が32℃と一般的な豚肉に比べ低く、口に入れた瞬間に脂が溶けて旨みを味わえる。
 サボレッドを試食した杉山さんは、「サクッと柔らかい。とろけていく感じでびっくりする美味しさ」と絶賛。幸運の豚グッズを集めている杉山さんに、とんかつ新宿さぼてんのキャラクター「サクサクかつモン」のぬいぐるみがプレゼントされると、「うちの豚ファミリーの一員になりました」と笑顔がはじけた。

とんかつ新宿さぼてん
https://shinjuku-saboten.com