カルチャー

働き方を探るシンポジウム“Future of work”開催

 オランダ王国大使館とランスタッド株式会社が共同主催するシンポジウム“Future of work”が3月18日、機械振興会館(東京都港区)で開催された。
 シンポジウムでは、労働環境の変化が強烈に起きている日本が直面する現状を踏まえ、 様々な課題にどう取り組んでいくべきなのかをディスカッション。国際色豊かな登壇者による基調講演やパネルディスカッションを通じ、 働き方先進国といわれるオランダや欧州の施策や働き方を例に、 日本にとっての“ベストプラクティス”を探った。日本の“Future of work”について、グローバルな視点で考える貴重な機会となった。