カルチャー

雪国まいたけメディアセミナー 病気・老化原因物質「AGE」を解説

 雪国まいたけは6月28日、AGE(終末糖化産物)をテーマにしたメディアセミナーを東京都内で開催した。
 AGEはタンパク質と糖が熱によって結合してできる物質。病気や老化のもとになり、体内に蓄積すると細胞の柔軟性や弾力性が失われ、肌のシミやシワができる原因になるだけでなく、認知症・心筋梗塞・動脈硬化・白内障のリスクを高めるという。
 セミナーではAGE研究の第一人者である昭和大学の山岸昌一教授が登壇し、AGEが作られる過程や病気発生のリスクを解説した。まいたけに多く含まれるキチンやキトサン、食物繊維はAGEと結合し、体内にAGEが吸収されるのを抑える働きが期待されるという。 【提供:雪国まいたけ】