カルチャー

「大腸活コンソーシアム」設立 健康長寿への貢献を目指す

 武田コンシューマーヘルスケア、帝人、東亜薬品工業、森永乳業は9月24日、大腸ケアを意識して行う「大腸活」で日本人の健康長寿に貢献することを目指した「大腸活コンソーシアム」を設立した。
 近年、腸内フローラの研究が進んだことから、腸内細菌と健康の関連性が認識される一方で、生活者の大腸への理解は十分ではなく、期待する効果を得られていない人も多いという。
 大腸活コンソーシアムは今後、ウェブサイトでの情報発信や共通ロゴを活用した商品販売を展開し、大腸への理解促進と「大腸活」の推進を図っていく。