カルチャー

みやぎ応援「ラプラス」がおもてなし 宮城県・ポケモン共同観光キャンペーン

 宮城県は9月30日、みやぎ応援ポケモン「ラプラス」がおもてなしする観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」(10月~来年3月開催)の概要を都内で発表した。
 挨拶に立った宮城県の村井嘉浩(むらい・よしひろ)知事は「ポケモンは世界にアピールできるキャラクター。国内だけでなく海外の観光客も誘致したい」と意気込んだ。
 また、多くの地方自治体と観光PRに取り組んでいるポケモンの宇都宮崇人(うつのみや・たかと)COO(最高執行責任者)は「今回のキャンペーンはビジネスではなく、版権使用料などは取らず全面協力したい」と支援の意向を語った。
 このキャンペーンでは、同県の15市町に設置されたポケモン・オリジナルマンホール巡りができたり、スキー場では乗り物として「ラプラススノーチュービング」が楽しめる。また、10月19日から11月4日までの期間、スマホゲーム「Pokemon GO(ポケモン・ゴー)」で「ラプラス」に出会いやすくするなどファミリー層をターゲットにした内容となっている。
 同時にPR動画「みんなをノセて! ラプラスラップ」が特設サイトなどで公開されており、村井知事もラッパーとして登場し宮城の魅力をアピールしている。