カルチャー

厚労省、医療分野参入ベンチャーの振興図る ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2019

 厚生労働省は、医薬品・医療機器・再生医療等製品の研究開発を行うベンチャーの振興を図るため「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット(JHVS)2019」(10月9日~11日、パシフィコ横浜)を開催した。
 10月9日に開催された国際シンポジウムでは、製薬会社のヤンセンファーマとノバルティス、日本マイクロソフトの責任者らが『「攻めの製薬産業・医療機器産業」~製薬産業・医療機器産業の新たな試み、他業種から医療分野への参入~』をテーマにした基調講演を行った。
 基調講演で厚生労働省医政局経済課ベンチャー等支援戦略室の田中大平(たなか・たいへい)室長は、医療分野では、医療系以外のベンチャーを含め、他業種からの新たな参入の動きがある。また医薬品産業・医療機器産業では、創薬ベンチャーのみならず、医療系・ICT系ベンチャー等と組むことで、医薬品・医療機器の「モノ」だけでなく、総合的なヘルスケアソリューションを提供するという新たな試みが行われていると現状を説明。経産省の「InnoHub」と厚労省の「MEDISO」が連携してベンチャー支援をするので活用してもらいたいと呼び掛けた。
 また、厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議座長の本荘修二(ほんじょう・しゅうじ)氏をモデレーターに5人のパネリストのディスカッションが行われ、他業種から医療分野への参入などの取り組みを踏まえた今後の展開や課題が語られた。