カルチャー

カマンべールチーズで認知症予防ができる可能性 研究成果発表

 株式会社明治、桜美林大学、東京都健康長寿医療センターの共同研究グループは6日、軽度認知障害の高齢者において、カマンベールチーズの摂取が、認知機能との関連が報告されているBDNF(脳由来神経栄養因子)を上昇させることを発表した。

 これまでにも、動物実験によって、カマンベールチーズを食べることが認知症予防になる可能性を示唆した研究結果があったが、ヒトを対象とした試験で可能性を示唆した研究成果は初めて。

 都内在住で軽度認知障害と判断された70歳以上の女性71人を対象に実施。2グループに分け、カマンベールチーズと市販のプロセスチーズを1日2ピース、3ヶ月摂取して血液中のBDNF濃度を測定。3ヶ月後に、摂取するチーズを入れ替えて測定したところ、カマンベールチーズ摂取時には、血中BDNF濃度の変化が優位に高い値を示した。