カルチャー

多言語対応・ICT化推進フォーラム開催 2020年に向けてSoundUDに期待高まる

 2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向け訪日外国人の受け入れ環境を強化するために、「多言語対応・ICT化推進フォーラム」が12月24日、東京国際フォーラムで開催された。
 冒頭、小池百合子東京知事と橋本聖子五輪担当大臣がICT(情報通信技術)を使う多言語対応の必要性に言及し、小池都知事自ら多言語対応支援システムSoundUD(サウンド・ユーディー)のスマホアプリ「おもてなしガイド」を使いデモを行った。
 SoundUDは、アナウンスや音声をスマホのマイクで拾うだけで、瞬時に多言語の文字で表示してくれるというもので、このシステムは300以上の組織からなるSoundUD推進コンソーシアムが普及を進めている。
 現在、首都圏の交通機関などで利用できるほか、東京都が保有する競技場などの施設への導入が進行しており、訪日外国人滞在環境の整備でSoundUDへの期待が高まっている。