カルチャー

笹川平和財団、第2回目SPF安全保障セミナー開催 米国とイラン、対立の行方を議論

 笹川平和財団の安全保障研究グループは2月5日、同財団ビルの国際会議場で、第2回目SPF安全保障セミナー「イラン司令官の標的殺害と中東情勢 米国とイランの戦争は回避できるのか?」を開催し、米国とイランの対立の行方について議論した。
 同財団の山口昇参与がモデレーターを務め、敬愛大学総合地域研究所長の水口章氏、昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員の杉本宏氏、同財団の渡部恒雄上席研究員がそれぞれの見解を述べた。
 第2回目SPF安全保障セミナーの全編動画は、YouTubeチャンネル「SPFnews」と同財団のホームページ上で公開される。

笹川平和財団
https://www.spf.org/