カルチャー

京都橘大学と日本電機株式会社が広範囲な連携協定を締結 超スマート社会において社会ニーズの高い人材育成を目標

 京都橘大学(京都市山科区、学長:日比野英子)と日本電機株式会社(代表取締役:新野隆)は11月2日、大学設備や教育、共同研究など多方面で段階的に協力する「教育研究連携協定」を締結しました。また、超スマート社会において社会ニーズの高い人材育成を目標に、21年3月竣工予定の「新管理・教室棟(仮称)」に、同年4月、新たに工学部情報工学科を含む3学部4学科を設置し、先進的な共同研究など様々な連携を行っていくことを発表しました。

 日比野英子学長は、最新テクノロジーを駆使した機器を配置する予定の新棟および情報工学科を新設した理由について、「AI・IT社会になるのがもう見えています。このまま情報系が発展していくのはほぼ間違いない。AI時代、IT社会に対応できる人材、新しい価値創造にチャレンジしていく人を作りたい。他学部、他学科の学生についてもIT、AIの利活用ができないと時代をリードできない。そのために、拠点となりうる情報工学を本学の学びの中に取り入れたいと思った」と述べました。 
 今後のIT社会、AI時代の教育について東野輝夫工学部学部長(2021年4月就任予定)は、「ここ数年のAIやIOTの動向を考えて、単純に授業するだけではなく、学生からデータを取得して、その学生にとって最適なフィードバックを返していくような仕組みを一緒に考えていきたい。ITを使う学部ですから、学生にも楽しいと思ってもらえる仕掛けを作っていきたい」と抱負を語りました。
 また、NECデータサイエンス研究所の加納敏行上席技術主幹が、「(現在コロナ禍で行われているオンライン授業のような)寺子屋をオンライン化しただけでない、大々的な変革が望まれていくだろう。NECが手伝えるところ、NECの先端技術が呼び水になって、学生にイノベーションを起こしてもらえれば」と展望を話しました。