カルチャー

Facebookを上手に活用!「祭り未来会議」 会場をオンライン参加者とつなぎキックオフセッションを開催

 Facebook Japanは、祭りサポート専門会社として全国の祭りのサポートを行っている株式会社オマツリジャパンと共同で、『Withコロナ/Afterコロナ時代の新しい祭り』の実現に向けて「祭り未来プロジェクト」を発足し、都内でキックオフセッションを開催した。

 プロジェクト第一弾の活動として、コロナ禍における新しい祭りの在り方を実践した「桐生八木節まつり」の主催者と「中野駅前大盆踊り大会」を開催した鳳蝶 美成氏を招き、両者の事例を踏まえた上で、オンラインとオンラインをかけあわせた祭りの在り方について、Messengerルームで会場とつなぎ、全国の祭りの主催者、参加者とともに話し合った。

 Facebook Japanの嶋田容子氏は、「Facebookはグローバルなプラットフォームなので、お祭りがオンラインで発信されるということは、国内だけではなく、世界から注目を集めるチャンスがある」と抱負を語った。