カルチャー

LIXIL SDGsアンバサダーに内田篤人氏が就任

https://youtu.be/TkNe_ByA1Qc

 LIXILは持続可能な開発目標(SDGs)のアンバサダーに、サッカー元日本代表の内田篤人さんを任命し、12月15日都内で就任式を開催した。
 LIXILは事業を展開する地域への関連性や緊急性の高い「グローバルな衛生課題の解決」「水の保全と環境問題」「多様性の尊重」の3分野を優先的に取り組んでいる。
 この日、SDGsアンバサダーに就任した内田篤人さんは「子どもたちのために何かしたい。SDGs活動を知って情報発信していく」と抱負を語った。
 内田さんの現役時代から親交があるLIXIL 瀬戸欣哉社長は「活動の推進には認知が大切。内田さんのアンバサダー就任は大きな前進だ」と内田さんへの期待の大きさをにじませた。
 LIXILは開発途上国向けに簡易式トイレや手洗い器を提供したり、車いす利用者のドアの開閉をサポートする商品を開発したりする取り組みを実施している。