カルチャー

アデコグループジャパン、事業戦略・新規事業発表会

 人材会社アデコグループジャパンは3月25日、2025年までの事業戦略と新規事業の発表会を都内で開催した。
 川崎健一郎代表は「人財を起点とした社会変革企業、社会を変えられる存在になることを目指す」とし、それを具現化するため新規事業「キャリアブリッジ(CAREER BRIDGE)」を説明した。
 「キャリアブリッジ」は人材育成を図る企業と事業成長のために即戦力となる人材を求める企業を、コンサルディングを実施したうえでマッチングする仕組み。事業戦略の拡大や効率的な人材獲得、研修や採用コストの軽減が見込め、人材が躍動できる環境の創出によって社会に変革をもたらすことを目指す。
 発表会に続いて開かれたトークセッションで、法政大学キャリアデザイン学部・大学院の田中研之輔教授は「キャリアは自ら作り出すもの。人は何歳からでもキャリア開発が可能だ」と解説した。