カルチャー

中国の対外投資傾向を可視化するアプリ紹介 SPF China Observer公開フォーラム

中国の対外投資傾向を可視化するアプリ紹介
SPF China Observer公開フォーラム

 笹川平和財団の「SPF China Observer」は3月26日、公開フォーラムをオンラインで開催し、中国の対外投資傾向を可視化するアプリ「中国の対外経済支援等データ分析」を紹介した。
 このアプリは、東京大学大学院総合文化研究科の川島真教授、早稲田大学理工学術院の北野尚宏教授、科学技術振興機構の大西康雄特任フェローの監修を受けて、中国の対外支援および投資等のデータを収集して分析を行い、それらデータを地図上に可視化している。
 公開フォーラムには川島真・東京大学教授、大西康雄・科学技術振興機構特任フェロー、小原凡司・笹川平和財団上席研究員が参加し、1時間にわたり中国の対外投資のデータから中国の対外投資の傾向や特徴、背景について議論した。
 この公開フォーラムの全編動画が笹川平和財団のホームページ上で公開される。

笹川平和財団 THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
https://www.spf.org/

中国の対外経済支援等データ分析
https://www.spf.org/spf-china-observer/china-investment/