カルチャー

コロナ禍で離れていても被災地への想いを届ける ソーシャルキャンペーン「あなたのいいね!が花になる Flowers for 3.11」

 Facebook Japanは、東日本大震災の発生から10年を迎える今年、株式会社hananeと一般社団法人LOVE FOR NIPPONと共創し、ソーシャルキャンペーン「あなたのいいね!が花になる Flowers for 3.11」を実施した。

 本キャンペーンは、Facebook Japanの公式Facebookページの特集「想いを届ける11日間」(2/18日(木)~28日(日)の期間中)に「いいね!」などのリアクションをすることで、被災地への想いを花に代えて届ける企画であり、計6040にも上るリアクションが寄せられた。

 集まった「いいね!」は5000本の花に代えられ、3/10日(水)に「東日本大震災・原子力伝承館」、3/11日(木)に開催されたLOVE FOR NIPPON主催の復興支援イベント「SONG OF THE EARTH 311」にてモニュメントやフォトフレームとしてそれぞれ会場を彩り、一部は来場者に配布された。