カルチャー

日本アルコン、仕掛学を活用した花火大会開催 「20-20-20 ルール」でデジタルデバイスから目を休める

 日本アルコンは10月10日、「目の愛護デー」にちなみ花火大会を千葉県内で開催した。
 この「アルコンのTHE花火大会」は、PCやスマートフォンなどのデジタルデバイスの長時間利用による眼精疲労や視力低下などが多くなっていることから、デジタルデバイスから無意識に目を離す仕掛けとして企画された。
 当日は、目を休めるために「20分ごとに最低20秒間、20フィート(約6メートル)以上先を見る「20・20・20ルール」(米国眼科学会議推奨)に基づき、目を休める目安となる20分の間隔を開けて20秒以上花火が打ち上げられ、華やかなスターマインに加え、視力検査に使われるランドルト環マーク、目をモチーフにした型物花火が夜空を彩った。

日本アルコン「アルコンのTHE花火大会」
https://www.alcon.co.jp/stories/japan-sight-day2021_2