カルチャー

中国が主張する「新型政党制度」の優位性の意味  SPF China Observer 公開フォーラム

笹川平和財団は10月29日、SPF China Observer 公開フォーラムをオンラインで開催した。
 スピーカーとして江藤名保子学習院大学法学部教授、ディスカッサントとして高原明生東京大学教授が参加し、モデレータは小原凡司笹川平和財団上席研究員が務めた。
 今回のフォーラムでは、中国が主張する「新型政党制度」をテーマに「新時代」と言われる習近平政権が成立して以降の中国政治に焦点を当て、新時代の中国政治にはどのような特色が見出せるのか、またそれは中国国内政治および外交にどのような影響を及ぼすのかを議論した。

笹川平和財団 – THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
https://www.spf.org/