カルチャー

石田ひかり、化粧品ブランドアンバサダー就任 「120歳まで生きたい」

 医療施設や化粧品を手掛けるアドバンスト・メディカル・ケアは11月8日、化粧品ブランド「MUNOAGE」(ミューノアージュ)のアンバサダーに女優の石田ひかりさんを迎えて、都内で就任発表会を開催した。
 アンバサダー就任の感想を聞かれた石田さんは「化粧品の広告は夢の1つだった。本当に光栄」とうれしそうに答え、ブランドコンセプト『年齢にとらわれない美しさ』にも共感したという。
 来年50歳になる石田さんは美を保つ秘訣(ひけつ)を問われ「バランスが取れた食事と適度な運動。とてもシンプルなこと」と話し、「長生きしたい。健康で120歳まで生きたい」と満面の笑みをたたえた。
 この日新発売された「ミューノアージュ アドバンストリジュビネーションクリーム エンリッチ」は、細胞間の情報伝達に重要な役割を担うとされる物質「エクソソーム」の働きに着目して開発。紫外線による肌のダメージ補修や乾燥対策にも効果があるという。
 内容量は30グラム(1カ月分)、価格は8800円。同社が監修する東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage(ノアージュ)のほかヘルスケアショップTMMC Plus、ミューノアージュ公式サイトで販売される。