カルチャー

ブランディングテクノロジー、中小・地方企業のブランド化支援

 中小・地方企業のブランド戦略支援を手掛けるブランディングテクノロジーは11月19日、新サービス「ブランディングバンク」の紹介やデジタルトランスフォーメーション(DX)時代に必要なブランド戦略について、メディア向けラウンドテーブルを都内で開催した。
 ブランディングバンクは、3千社を超えるブランド戦略のデータベースを保有し、業界や商品の優位性などの情報から成功パターンを導き出すという。
 ブランディングテクノロジーの木村裕紀代表取締役は「企業ブランドを見える化しないとマーケティング投資の結果が出ない。ブランドの重要性を多くの企業に知ってほしい」と述べた。 【 PR 】