カルチャー

仏でフライボードエア禁止に 試験飛行の後、軍からお達しが

Rear view of boy wearing swimming shorts jumping into lake, Tilac, South West France
Rear view of boy wearing swimming shorts jumping into lake, Tilac, South West France

 両足につけたノズルから噴射する水流で“空中浮遊”を楽しむホバーボードは、あっという間にマリンスポーツの人気者になったが、そのザパタレーシング社が新たに、水圧を使わずに空を飛ぶフライボードエア(ザパタレーシング社)を昨年開発、さらに話題になっていた。ところが“ご当地”フランスでは、このフライボードエアで飛ぶことが禁止になった。

 パリジャン紙など現地メディアが伝えたところによると、開発者のフランキー・ザパタ氏が、南仏マルセイユの海岸沿いで新たな“試験飛行“を実施した後、憲兵隊に出頭を命じられて指紋採取などされ、軍から飛行禁止を言い渡された。フライボードエアが、航空機同様の規制を受ける必要があるものだからというのが理由だといい、従わない場合、禁固10年の刑もあり得るという。