カルチャー

彦根城築城410年祭を開催 「おんな城主 直虎」で注目!

_prw_PI2fl_V19I1AcE NHKの大河ドラマで舞台となる場所や、主人公に縁のある地域が話題となるのは毎年のこと。昨年は、真田氏ゆかりの信州の上田がブレークしたが、今年は「おんな城主 直虎」で井伊氏に関係が深い浜松市や江戸時代に居城があった彦根市が注目されている。

_prw_PI3fl_FnP2vj8L そんな中、井伊家の居城「国宝・彦根城」の天守完成410年を記念し、「国宝・彦根城築城410年祭」がスタート。12月10日まで、彦根城をはじめとする彦根の町の歴史、文化、伝統など彦根の魅力を全国・世界に発信するため、彦根城域および市内全域において開催される。

_prw_PI4fl_I6R10qpw 3月18日の開幕式典には、戦国時代、“井伊の赤鬼”と呼ばれ恐れられた井伊直政公に代表される赤備えの甲冑をまとった彦根鉄砲隊の祝砲で始まり、浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」と「出世大名家康くん」が駆けつけ、彦根市のキャラクター「ひこにゃん」と共演。また、国宝・彦根城築城410年祭プロモーションムービーでナレーションを担当した講談師の玉田玉秀斎(たまだぎょくしゅうさい)氏による開幕記念講談「天下泰平・彦根城 ~井伊家とともに~」も演じられた。