ペット

涙がとまらない… ペットを亡くし不調を感じる人6割

 家族の一員ペット。亡くした時の「ペットロス」は、飼い主にさまざまな不調をもたらしている。だが、ペットを亡くしたことで不調を感じた人のうち、53.3%が「ペットロス」の症状であることを自覚していないことが、アイペット損害保険(東京)の調査で分かった。

ペットロスに陥っていた自覚はありましたか?

 ペットを亡くした経験があり、現在はペットと一緒に暮らしていない人を対象にした調査。まずペットを失った後の症状として、最も多かったのは「突然悲しくなり、涙が止まらなくなった」という人が60.3%。そんな症状が落ち着くまでの期間は「3カ月未満」という回答が51.0%だった。「ペットロス」という言葉は8割の人が知っていたが、症状が現れた人のうち53.3%が、自分がペットロスに陥っていることを自覚していなかった。

ペットロスの症状として、どのようなものがありましたか?

 ペットロスの症状はどのくらい続きましたか?

 悲しみを癒やすきっかけは、「時間の経過を待つ以外ない」という回答が60.7%。現在ペットと一緒に暮らしていない理由は死別など「つらい思いをしたくないから」という人が40.7%だ。もっとも「機会があれば、またペットと一緒に暮らしたい」と思っている人も57.7%。ペットとの暮らしは楽しいし、心癒やされるけれど、失った時の悲しみもそれと同じくらい大きいから踏み出せない、そんな葛藤が見える結果だった。

またペットと一緒に暮らしたいですか?