おでかけ

大みそかではないけど、新時代へのカウントダウン、いってみる? GW宿泊プラン「令和カウントダウン」

 4月1日の新元号発表、みなさんはどこで見守っていたかな? 平成があと1カ月で終わってしまうという実感はあまりないかもしれないが、5月からは令和元年となる。その新時代への幕開けを、ちょっと特別な場所で迎えてみない? ホテル雅叙園東京は、新元号への移り変わりを記念する、ゴールデンウーク限定の宿泊プラン「令和カウントダウンプラン」を発売した。430日(火)の宿泊を含むプランのことで、最大の魅力は、平成最後となる夜をシャンパーニュフリーフローのエグゼクティブラウンジで過ごすことができ、平成を振り返りながら令和へのカウントダウンに参加できることだ。カウントダウンといえば、大みそかに行う新年へのカウントダウンが一般的だが、新元号へのカウントダウンはいつも以上に盛り上がりそうだ。 

 ラウンジでのカウントダウンは430日の22:0024:30まで。軽食が提供されるほか、「平成写真パネル」が展示され、平成を代表する音楽がBGMで流れる。プラン料金は、12人利用で、148,000円~(税・サービス税込み)。朝食は、新元号にちなんだ和洋ブッフェを同ラウンジで提供する。 

 
GW限定「令和カウントダウンプラン」
期間:2019430の宿泊を含む前後
料金:
430日泊1人料金、(12人利用48,000円~税サ込、宿泊税別)、(13人利用32,000円~(同)、(14人利用29,000円~(同)。 

特典:
・エグゼクティブラウンジ「桜花」アクセス付
朝食からティータイム、アフタヌーンティー、イブニングカクテル、ナイトキャップまで利用可能
43022:0024:30に行われるエグゼクティブラウンジ「桜花」でのシャンパーニュのフリーフロー付カウントダウン参加
・東京都指定有形文化財「百段階段」入場料
50OFF
・館内レストラン20OFFディナータイムのみ。ステーキハウス「ハマ」とカフェラウンジ「パンドラ」を除く。)
・提携フィットネス&プールの利用