デジもの

CDやUSB録音再生、Bluetoothにも対応の機能的な小型オーディオシステム

 音響機器のオンキヨー&パイオニア(大阪市)は、オンキヨーブランドの小型コンポシステム「X-NFR7FX」を発売した。CD再生だけでなく、SDやUSBなどのメディアを使った録音やハイレゾ音源の再生、Bluetoothなど、今の使われ方によりフィットした機能を備える。しかもお手頃感のあるモデルになっており、オープン価格で、店頭などでは6万4,000円前後(税込み)となる見込み。 

  SDカードやUSBメモリーへの録音・再生(MP3/WAV)できるのがポイントで、CDやAM/FM、接続したレコードプレーヤーやミュージックプレーヤーなどの外部機器にも対応している。なお、PC入力を備え、PCの音源も再生できるのは便利。また、USBメモリー再生では、PCM96kHz/24bitのハイレゾ音源も楽しめる。さらにBluetoothにも対応していて、スマホの音楽コンテンツを再生できるのはもちろん、スマホを通じてインターネットラジオや音楽ストリーミング配信(通信料などが必要)も聴くことができる。 

  オーディオ部はもちろん同社の伝統あるオーディオ技術を投入。音質にこだわって組み上げた低ノイズ、広帯域なアンプ回路、ハイレベルな技術によるオリジナル振動板の13cmウーファーを使ったスピーカーシステムなど、標準サイズコンポ並みの作りとなっている。 

  アンプ部は出力26W+26W(4Ω)と広いリビングにも十分なパワーで消費電力55W、サイズと重さはレシーバー部が幅215×高さ142×奥行348mm・4.8kg、スピーカー(1台)が幅163.5×高さ281.5×奥行268mm・3.6kg