デジもの

Ultra HD BD規格に対応したハイコスパなBDプレーヤー

06.01 Ultra HD BD対応したハイコスパなBDプレーヤー_pana-UD35 今、テレビとAV機器は4K映像関連の話題で持ちきりだが、パナソニックからは4K対応の次世代のUltra HD ブルーレイの再生に対応したプレーヤー「DP-UB32」が発売された。オープン価格で実売は3万5,000円前後。 

  Ultra HD ブルーレイ規格は、4K解像度に加え、フレーム速度60pの高フレーム書き換えや格段の広い帯域、範囲で高輝度で質感あふれる表現が可能なHDR(ハイダイナミックレンジ)、色の再現性を大幅に高める広色域規格BT.2020などに対応したもので、テレビを中心にAVアンプなどでも標準機能となりつつある。DP-UB32はこの規格に基づく映像の能力をフルに引き出すべく、独自の映像エンジンを開発。また待たされ感の不満を解消する約1秒の高速トレイ開閉なども特徴としている。 

  NETFLIX、dTV、Amazonプライムビデオ、デジタルコンサートホールなどの4Kネット動画をはじめ、ネットワークオーディオ機能によるハイレゾ音源再生、Hulu、DAZN、radiko.jpなどのインターネット動画・音声サービスに対応し、さまざまなエンターテイメントのソースが楽しめるようになる。消費電力16W、大きさ・重さは幅320×高さ45×奥行191mm・約1.3kg。