デジもの

意欲的な設計を採り入れた、新世代となるプリメインアンプとCDプレーヤー/USB DAC

marantz12-PM12 オーディオのマランツ・ブランド(D&Mホールディングス・川崎市)から、プリメインアンプ「PM-12」(税別30万円)とSACD/CDプレーヤー・USB DACの「SA-12」(同30万円)が登場する。従来の14シリーズのSA-14/PM-14に代わるラインアップ上級モデルだが、同社の新世代として大きな変革を果たした最上位の10シリーズ(SA-10/PM-10)の技術を継承、さらに進化させたモデルとなる。発売は7月13日。marantz12PM-12_Power_Amplifier_Modules

 SA-12の最大のポイントは、新世代のSACDプレーヤーとしてSA-10のコンセプトを継承。ピックアップメカニズムから、デジタルフィルターやDAコンバーター、アナログアンプ回路まで、すべて自社のオリジナル技術で固めている。特に重要なのがディスクリート構成の自社開発のDAC。通常、この部分は前段のデジタルフィルターやデルタシグマモジュレーター、デジタル変換回路などを一体化したデバイスメーカー製ICチップを使うが、マランツではこれらをオリジナルで組み上げているのだ。marantz12-pm12

 そのメリットは音質を最適化したオリジナルのアルゴリズムで動くデジタルフィルター、選択したパーツで高品位に組み上げたデジタル変換部、DAC内部でのデジタルとアナログの電気的結合の分離、遮断など、通常のDACチップではできない高音質の追求が行えることにある。SA-12では、SA-10で注目を浴びたこの回路を継承するだけでなく、DACと同様に重要なクロックにはSA-10を上回るスペックをもつ超低位相雑音クリスタル(水晶発振器)も採用する。また、アナログ回路では、音質に影響する抵抗類をより高音質化を図ったものに替えたり、SA-10と同等、前モデルSA-14に比べて2.2倍という大容量の電源トランスを投入するなどで進化させた。

 USB DAC機能は、デジタル入力が4系統(USB-A、USB-B、同軸、光)で、DSD11,2MHzおよびPCM384kHz/32ビット(最大)の音源に対応する。消費電力47W、大きさ幅440×高さ123×奥行419mm、重さ16.4kg。marantz12-SA12

 プリメインアンプPM-12もSA-12と同様、PM-10のフィーチャーを取り入れるだけでなく、前モデルから大きな変化のない外観からは想像もつかないが、構造設計を一から行うという大胆な開発が行われている。

 その成果の第一が単体プリアンプ並みの余裕と高音質化を図ったプリアンプ部で、新開発のDCサーボ機構を採り入れた電流帰還型プリアンプ回路とプリアンプ専用電源で、特に電源部は高効率の大型トロイダルトランスや超低ノイズのショットキーバリアダイオードを使った整流回路などで高音質化を図っている。さらに、無帰還アンプとMC用ヘッドアンプを組み合わせた入力段JFEという、こちらも単体製品並みのMM/MC対応フォノイコライザーも組み込んでいる。marantz12-SA-12_Digital_Board_1

 こうした余裕のある設計ができるスペース確保の元になっているのが、パワーアンプ部のクラスDスイッチングパワーモジュール、Hypex社製NC500の採用だ。これはPM-10と同じデバイスで、PM-10の4基(バランスアンプ構成)に対してオーソドックスな2基だが、低ノイズで高効率な専用電源SMP600を組み合わせ、100W+100W(8Ω)/200W+200W(4Ω)の大出力を確保。また、従来クラスDアンプを超えて、スピーカーのインピーダンス変動に強く、安定した低歪みの動作を行なう。そして、この大出力の割に、電源部を含めたパワーアンプ部はきわめてコンパクトにできるので、上記の余裕あるスペースが生まれたという。marantz12-SA-12_SACDM-3

 しかしこのHypexのNC500パワーモジュールをPM-14並みのボディーに組み込むのは、ひとつ課題があった。それは高さがPM-10ほど稼げないので、PM-10と同じようには組み込めないのだ。そこで考え出されたのがモジュールを縦から横にしつつ、スピーカー出力と直結。スピーカーリレーを排除した最短経路で、音の鮮度やスピード感の高い再現を可能にしている。スピーカーの動きを制御するダンピングファクターの値もPM-10の2倍以上を得ている。ちなみに、これは縦のものを横にすればいい、という簡単なものでははなく、出力部を一から再設計している。そのため、コンマ1ミリ単位の組み立て精度が要求されるため、設計陣は生産にあたっての冶具まで開発したというから、PM-12に掛ける意気込みは相当なものだったことがわかる。

 主な仕様は、入出力が、フォノ入力MM/MC×1、ライン×5、録音入出力1系統、ヘッドホン、スピーカー出力×1系統。消費電力130W、大きさは幅440×高さ123×奥行453mm、重さ15.3kg。