デジもの

JVCからイヤホンの限定モデル 音をカスタマイズして使いこなそう

10.29 JVCが音をカスタマイズできるイヤホンの限定モデル-HA-FD01SP 音響や通信関連機器のJVCケンウッド(横浜市)は、JVCブランドで限定500台の特別モデル「HA-FD01SP」を10月下旬に発売する。付属パーツの交換で4種の音の違いが楽しめるのが特徴。価格はオープン、店頭などでは4万2,000円前後(税別)となる見込み。

 音を耳孔に導くノズル部分が交換できるようになっていて、先に発売の「HA-FD01」と同様のチタニウム、ブラス、ステンレスの3種の素材のノズルに、新たにリン青銅を加え、さらに音のバリエーションを広げている。

10.29 JVCが音をカスタマイズできるイヤホンの限定モデル-HA-FD01SP―ノズル_02-

 ボディーは硬くて強いフルステンレス、ケーブルはMMCX端子の着脱式。付け方によってケーブルがねじれることがないフリーの回転機構もあって、ケーブルを下方向に出す一般的な付け方と、耳のうしろに回す耳掛けの2つの掛け方ができる。

 ドライバーはΦ11mmダイナミック型。鳴らしやすいインピーダンス16Ω、感度103dBの特性をもち、MMCX着脱式ケーブルもアウトドアで聴くときじゃまになりにくい長さ1.2m、重さは約20g。