デジもの

ヘッドホン端子のないスマホで使えるノイズキャンセリングイヤホン

11.08 パイオニアからヘッドホン端子のないiPhoneで使えるNCイヤホン-RAYZ-main 最新スマホはヘッドホン出力が付いていないものが多くなってきているが、オンキヨー&パイオニア(東京)はそうしたスマホにもつなげられるようにしたイヤホン「RAYZ Pro」(SE-LTC7R-B)を発売した。iPhone、Android端末の両方に対応しているだけでなく、ノイズキャンセリング(NC)など多彩な機能をもつ。ホワイト、ブラックの各仕様あり。価格はオープンだが、実勢価格は1万9,000円前後。

 対応の仕組みはiPhoneのLightning、AndroidのUSB-CとRAYZ Pro本体とをつなぐ2種の変換ケーブルによるもの。両タイプを使っている2台持ちのユーザーには特にうれしいところだ。またiPhone用には充電しながら音楽が聴ける充電ポートもある。

11.08 パイオニアからヘッドホン端子のないiPhoneで使えるNCイヤホン-RAYZ-sub1

 ノイズキャンセリング機能は使う人の耳と周囲の音からその人に合った状態に調整するほか、外部の音を取り込めるヒヤースルーモードもあるのでイヤホンを外さなくても周囲に注意を払えるようになっている。

 専用アプリで機能の設定やカスタマイズが可能。内蔵マイクのオン、オフの切り替えで通話時の相手との話をより明瞭に行える機能を備え、iOSの音声操作Siriを起動できるのも便利だ。