デジもの

クリプトンから美しさと音質を追求したピアノ仕上げのスピーカーシステム

0614 クリプトンがピアノ仕上げのスピーカ_sub-2-kripton-KX05U オーディオ機器などのクリプトン(東京)は、ブックシェルフ型スピーカーシステム「KX-0.5P」 (22万円/ペア・税別)を発売する。先行する「KX-0.5」(18万5,000円/同)、漆仕上げの「KX-0.5UR/UB」(29万8,000円/同)に連なるバリエーションモデルで、発売は7月下旬。

 2ウェイ密閉型のベースモデルKX-0.5の針葉樹系高密度パーチクルボード(スモークユーカリ)/MDF)で作ったキャビネットに、さらにピアノと同等の入念なポリエステル塗装で仕上げ。この仕上げはピアノの塗装も行なっている工房に依頼しており、漆黒の美しい上質な外観を得るとともに、より鮮明な音質が得られるようにチューニングしている。

 さらにKX-0.5Pには、音質に大きく関わる内部の配線材に、高品位・高特性のマグネシウムケーブルとオーディオ専用に開発された高純度銅PC-Tiple Cのケーブルを使い、音質を最適化しているという。

 そのほかの基本構成はKX-0.5に同じ。上位機にも採用の強力マグネットを使い、大きな振幅にも対応する磁気回路や軽くて剛性が高く歪みにくいコーンウーファー、高域特性や放射特性に優れた砲弾型イコライザー付きリングラジエーター・トゥイーターと、高品位パーツで組んだネットワークなどで、高音質を追求したモデルとなっている。