ビジネス

点字ブロックを使い、視覚障がい者向け歩行サポートの実証実験 金沢工大チーム、1月12日に実施

点字ブロックを使い、視覚障がい者向け歩行サポートの実証実験 金沢工大チーム、1月12日に実施 画像1
金沢工業大学 コード付き点字ブロックを使った音声案内

 

 金沢工業大学工学部情報工学科の松井くにお教授の研究チームは、人工知能(AI)技術を使った視覚障がい者向け歩行サポートシステムのプロトタイプの検証実験を、1月12日午後1~4時、金沢駅東口地下広場で行う。既存の公共インフラである点字ブロックを音声案内に利用する。

 金沢市と金沢工大は2018年8月、AI技術地域展開検討会を設立し、10月に「市民生活へのAI等技術の実装」をプロジェクトの一つとして掲げる金沢市新産業創出ビジョンが策定された。

 今回の実験は、このプロジェクトが目指す「市民と観光客の利便性・回遊性の向上」の一環として行われる。

 被験者が身につけたカメラで歩道上のコード化された点字ブロックを読み取ると、被験者の状況に応じて、AIが行き先や施設の情報を音声案内する。衛星利用測位システム(GPS)では困難な細かい精度での案内情報を提供できる。

 障がい者や健常者、外国人など約10人が実験に参加する。「北陸鉄道の北鉄金沢駅改札とJR金沢駅階段の間」と「駅から音楽堂方面」の2ルートで実証実験を行う。