ビジネス

シャンパーニュ地方のオークたるで熟成 ウィスク・イーの「季の美 エディションG 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」

シャンパーニュ地方のオークたるで熟成 ウィスク・イーの「季の美 エディションG 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」 画像1
ウィスク・イー 「季の美 エディションG 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」

 

 ウィスク・イー(東京都千代田区)は、「京都蒸溜所」がフランスのシャンパーニュメゾン「アンリ・ジロー」とコラボレーションした「季の美 エディションG 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」を数量限定で発売した。700ミリリットル入りで、希望小売価格は税別1万円。

 アンリ・ジローは1625年に創業。12代目当主クロード・ジロー氏が京都蒸溜所を訪れた際、シャンパーニュ地方アルゴンヌの森のオークを使用した「アンリ・ジロー」のたるで「季の美 京都ドライジン」を熟成するというアイデアが誕生したという。フランスから空輸したアンリ・ジローのたるに「季の美 京都ドライジン」を詰めて熟成し、風味が生きるアルコール度数48度でボトルに詰めた。ソーダ割りやフレンチ75などのカクテルがお勧め、としている。