ビジネス

オンラインでの確定申告に救世主 キューアンドエー、「e―Taxサポート」を開始

オンラインでの確定申告に救世主 キューアンドエー、「e―Taxサポート」を開始 画像1
キューアンドエー 「ICTを利用した所得税等の確定申告書の提出人員の状況」

 

 キューアンドエー(東京都渋谷区)は、国税電子申告・納税システム「e―Tax」を使用する個人向けに、2月18日から電話や遠隔操作でパソコン、スマートフォンなどの端末設定を行う「e―Taxサポート」を開始する。

 e―Taxは、国営オンラインサービスシステムで、国税庁が普及を推進している。情報通信技術(ICT)を利用した所得税申告数は年々増加傾向にある。2019年から一層電子申告が簡素化され、マイナンバーカードを取得していなくてもオンラインで提出できるようになった。スマホ専用の作成画面もあり、スマホでも確定申告できる。

 キューアンドエーは14年からe―Taxサポートを行っているが、毎年、設定や画面が正常に表示できないというトラブルが多く、ほとんどはウェブのブラウザーやアドビ・アクロバット・リーダーDCのバージョンが古かったり、基本ソフト(OS)が対象外であったりすることに起因しているという。

 e―Taxサポートは、e―Tax利用に必要なパソコンやスマホの事前準備の相談、設定時のトラブル解決などを電話や遠隔操作でサポートする。e―Taxは確定申告のデータが端末内に保存されることから、端末の取り扱いにも注意が必要だ。同社は、利用前に「セキュリティ診断」の実施を推奨している。問題があれば、必要に応じてサポート内容の提案を行い、要望があればその場で「偽装ソフト駆除サポート」や「個人情報流出対策サポート」などを有償で行う。

 

・利用料金などの詳細:https://www.clubqa.com/main/?page_id=8161