ビジネス

準備してますか新元号対応グッズ? 訂正ゴム印と新元号印のセットが便利!

img_177182_1 元号が変わると、どんな対応が必要になるのか想像している人は多い。西暦の途中で元号が変わると、あとで「あれは何年だっけ?」と計算するのが大変、という程度なら対照表で済むが、ビジネスの現場では、元号を入れて作成済の書類の「年」をまず書き換えるという大変な作業がある。そこで早速、5月1日の改元に向け、「平成」表記が残る書類を訂正するためのゴム印セット(日本法令・東京)の予約販売がスタートしている。

img_177182_4

 平成の元号が発表された時も、印刷物の「昭和」の文字を訂正するため、訂正ゴム印の需要が急増したという。政府発表では、新元号の公表は4月1日。公的機関はもちろん、民間企業で使用中の「平成」の文字が印刷されている書類も新元号に訂正しなければならない。このゴム印セットは、現存する注文書や請求書等の諸帳票類をきれいに手間なく訂正できる、(1)新元号印、(2)訂正用二重線印、(3)訂正用二重線付元号印、(4)「元」印(「元」年表記用)などをセットした商品(税別800円)。印を押す人も大変そうだ…。